第61回グリーンプラザ駅前寄席   第14回たかつき演芸市場交遊亭

  

 

第14回 交 遊 亭

と き  平成11年9月26日 午後2時開演

ところ  JR高槻駅前 高槻市総合市民交流センター 6階多目的スタジオ

共 催  高槻青少年センター /噺の会 じゅげむ

【お問い合わせ】高槻市青少年センター TEL 0726-85-3724

 ここの多目的スタジオは、部屋の形が

 変わっているので、舞台を作るのに

 いつも苦労をします。

 

 本日のトップは潮吹亭くじらさん。

 上方落語の旅ネタ「東の旅(伊勢参宮神

 乃賑)」の中の「煮売屋」です。

 

 「ほな、一番しまいに書いてあるやつ、

  あれ二人前たのむわ」

 「一番しまいちゅうなさると?」

 「元方現金に付貸売お断りちゅうやつ、

  これなんか具が多うて旨そうな……」

 無理なことばかり言って煮売屋の主人

 を困らせます。 

 

 二番手の文々亭小輔さん。今日のネタ

 は「鉄砲勇助」の一席です。東京では、

 「うそつき弥次郎」と呼ばれる噺だけに、

 とんでもない『うそ』の連発です。

 

 「もう田んぼの中に、こう足が二本ずつ

  ニュッ、ニュッと稲の刈りあとみたい

  にな……」

  寒い北海道の鴨狩り(刈り?)のくだ

 りです。

 当の本人は、うそのつけない真面目な

 青年です。

 

 本日の中トリ、雀家ぜい六さんです。

 十八番の「天王寺詣り」の一席。

 初トリの拾八さんを盛り上げようと

 奮闘しました。

 

 お彼岸で賑わう四天王寺さんの風景描

 写が、この噺の見もの聞きものです。

 お客さんもぜい六さんの演技に思わず

 引き込まれ、昔懐かしい風情にタイム

 スリップしたかのようでした。

 

 

 

 中入り後は、寿亭司之助さん。桂三枝

 さんの創作落語「お忘れ物承り所」の

 一席です。

 

 

 相変わらず、電車の中の忘れ物は多い

 そうです。大事なものには、名前を書く

 ようにしましょう。名前があれば、もし

 忘れたときでも探しやすいそうです。

 特に、雨上がりの傘には要注意。

 

 本日のトリは、仁六家拾八さん。

 50の手習いで落語を始めて三年目に

 して初めてトリをとりましたが、堂々と

 「替り目」を演じました。

 

 俥夫が人力車を曳いているところです。

 

 酔っぱらいの男とその女房との掛け合

 いが何とも言えず滑稽ですが、夫婦の

 情愛あふれるほのぼのとした噺です。

 この落語は、拾八さんのキャラクター

 に合うてるような気がします。


 

第61回 駅前寄席 <紺染・ぜい六 二人会>

と き  平成11年10月17日 午後2時開演

ところ  JR高槻駅前 グリーンプラザ1号館 4F多目的ホール

主 催  グリーンプラザたかつき1号館

協 賛  グリーンプラザたかつき1号館 5階飲食店街

【お問い合わせ】 吟醸酒蔵みゅ〜じあむ TEL 0726-85-8470

 舞台設営が終わり、ほっと一息ついて

 いるところです。力仕事で大変ですが、

 この駅前寄席の高座は、よく出来ている

 となかなかの評判です。

 

 今日は特別に、三味線のお師匠さんの

 石川裕美子さんにおいでいただきまし

 た。おかげさまで、気持ちよく高座に

 上がることができました。

 やっぱり、テープの出囃子とは、くらべも

 のになりませんね。 

 ゲストの味付亭紺染さんですが、人手不

 足で鳴り物を手伝っていただきました。

 それにしても器用な方です。

 今日は出番がないので、受付を務める

 潮吹亭くじらさんです。

 いつも、当会のプログラムのコラムを

 書いてもらってます。

 今回のプログラムのコラムは、「特集」

 コーナーの「くじらの独り言」のNo.8

 に収録しています。

 トップバッターは、若手ナンバーワンの

 文々亭小輔さん。「道具屋」の一席です。

 

 「なんで、こんなに固いねん」

 「木刀です」 

 木刀を刀と間違えて無理矢理引き抜こう

 とするお客さんに手助けをする喜六です。

 

 二番手は、寿亭司之助さん。ネタおろし

 の「浮世床」です。

 ひょうたん型のやかんに映った歪んだ

 顔を何とか元に戻そうと努力してます。

 昔の床屋さんは、待ち時間が非常に長か

 ったんですが、庶民はその待ち時間を

 結構楽しんでいたそうです。待合室で

 皆とわいわいがやがやと過ごして、

 コミュニケーションを図っていたんで

 しょうか。

 

 大分と過ごしやすくなってきた秋晴れの

 日曜日。93名のお客様に楽しんでいた

 だきました。

 

 そして、駅前寄席では初めての登場、

 指笛音楽の山本邦男さんです。わざわざ

 駅前寄席のために広島から来ていただ

 きました。

 

 指笛は、思ったよりずっと迫力があり、

 驚きました。でも、実際に音を出すのは

 かなり難しいようです。

 山本さんとは、このホームページが

 縁でお知り合いになりました。

 

 全部で5つの曲目を演奏していただき

 ましたが、最後の曲「ここに幸あり」

 では、お客様も指笛に合わせて一緒に

 歌い出す場面もあり、大変盛り上がり

 ました。

 

 

 さて、本日のタイトル「紺染・ぜい六二人

 会」の主役の一人、味付亭紺染さんの

 登場です。ネタは、お得意の「三十石」

 です。

 

 

 紺染さんの話芸には、知らず知らずの

 うちに引き込まれてしまいます。

 このおばあさんも、ええ雰囲気出てまっ

 しゃろ…!

 

 「や、うんとしょう」

 三十石船の船頭さんが櫓を漕いでいる

 ところです。粋な舟歌が、古き良き時代

 の旅を彷彿とさせます。

 京洛亭洛京さんも今日は出番がありませ

 んでしたが、デジカメ撮影や鳴り物のお

 手伝い等で大忙しでした。

 

 

 本日のトリは、「二人会」の一方の主役、

 当駅前寄席の大看板、雀家ぜい六さん。

 ネタは、久々に演じる「口入屋」です。

 

 

 

 「今晩、うち来て見なはれ。

  夜中、ごちゃごちゃごちゃごちゃして、

  おもろおまっせ……」

 丁稚の定吉が、お向かいの丁稚仲間に

 掃除しながら、しゃべってるところです。

 ぜい六さんの演ずる子供は、定評があり

 ます。

 ふらちな考えを起こした番頭さん。つい

 に、膳棚を担ぐはめにおちいりました。

 噺のクライマックスです。

●次の過去の活動報告ファイルへ    ◎過去の活動報告目次へ戻る 










inserted by FC2 system