過去の活動報告 bQ1

 

噺の会じゅげむ定期公演 VOL.104

 第79回 グリーンプラザ 駅前寄席 

と  き  平成14年8月18日 午後2時開演

ところ JR高槻駅前 グリーンプラザたかつき1号館 4階 多目的ホール

主 催 グリーンプラザたかつき1号館

         

 当会104回目の定期公演です。最近は、早

い時間から多くのお客さんが来られるので、

この日も午後1時すぎに開場しました。受付

では、事故で療養中の山椒家小粒さんと来

月から出演予定の新メンバーの洋酒家巧駆

さん(左端)もお手伝いです。

さて、いよいよ開演。ご覧のとおりの満席状

態でした。

今日のトップバッターは、当会では一番の若

手ながら最年長の阿遊亭弘遊さん。演目は

ネタおろしの「寿限無」です。軽快なテンポの

落語口調で会場の雰囲気を盛り上げます。

 当会の名称にもなっているポピュラーな落語

なんですが、今日の弘遊さんの「寿限無」は

ひと味違う演出で、サゲも通常よくあるもの

とは違いました。

二番手は、弘遊さんの入会で長老の座を明

け渡して、いっぺんに若返った!? 仁六家

拾八さん。ネタは、「猫の茶碗」です。

いつも拾八さんはマクラを工夫しています。

この日も、いきなり得意の? 歌から始まり

ました。猫が食べている御飯の茶碗が、とて

つもなく高価な茶碗であることに気づいた男

は何とかその茶碗を手に入れようと一計を

案じます。

久しぶりに小粒さんとご夫婦そろっての参加

となったお茶子役のみちのく小雪さんです。

もう完全にお茶子さんが板についてきたと

いった感じですね。おかげさまで演者も安心

して高座に上がれます。

 

三番手は、寿亭司之助さん。この日は新調

の着物で登場です。演題は昔の床屋さんの

噺の「浮世床」でした。

今では考えられないことですが、昔は字の読

み書きができない人が多かったんですね。

字があまり読めない割り木屋のおやっさん、

知ったかぶりをして本が読めるふりをしてい

ると・・・。

さて、今日中トリはゲストの南遊亭栄歌さん

寝床の会)です。今年の2月に引き続き、

わざわざ三重県の津市からお越しいただき

ました。栄歌さんは、今年の全日本社会人

落語選手権で優勝されたという実力は折り

紙付きのすごいお方です。

今日のネタは、お得意の「餅屋問答」です。

マクラから会場は大爆笑の渦(当然、楽屋

でも大爆笑!)がわき上がりました。さすが

チャンピオンの面目躍如といったところ。

噺は、住職不在の禅寺の後釜に居座った

男の所へ、永平寺の雲水が問答を挑みに

来て、困った男は餅屋のおやっさんに助け

を求めます。大和尚になりすました餅屋さ

ん。問答を適当にごまかしているうちに、

なんと雲水を問答で負かしてしまします。

最後の無言のしぐさだけでの問答合戦は

実にユニークで楽しい落語でした。

今日も椅子を追加しましたが、間に合わず、

立ち見の方が出てしまいました。この日も

かなりの暑さでしたが、最終入場者数は、

過去二番目の大入りの180名でした。ほ

んとうに有り難うございます。m(_ _)m

中入りの間の歓談風景です。今日は当HP

の掲示板の常連さんが一堂に会するという

記念すべき会になりました。写真中央は、

ドイツ在住の音楽家「michi K」さんです。

 

こちら(写真中央)も当掲示板ではお馴染み

の「ご贔屓さん(*^_^*)」さんです。

中入り後は、文々亭小輔さんです。ネタは

得意中の得意ネタ「道具屋」でした。

言わずと知れた露天の古道具屋さんの噺

ですが、小輔さんのこのネタ、何回聴いて

もおもろいです。それもそのはず、小輔さ

んは演る度に噺の随所に工夫を凝らして

います。

今日の番組の最後、大トリは潮吹亭くじら

さんです。演目は、ネタおろしの「千両みか

ん」。大ネタです。

大阪は船場の大家の若旦那が夏に重病に

なってしまいます。それも、みかんが食べた

いというとんでもない思い込みです。

昔はみかんは冬の食べ物。夏にあろうはず

がありません。あっちこっち探し回ってやっと

1個のみかんを見つけた番頭さん。1個千両

という値段に驚愕してしまいます。でも、子供

想いの旦那はそれを何も言わずに買い取り

ます。それを喜んで食べる若旦那。

みかん1個で10袋。1袋だけで100両の値

打ち。それを見ていた番頭さんは・・・。

当日のプログラムに好評連載中のくじらさん

のコラムは、「くじらのひとりごと」

bR8に収録しています。

終演後は、地元のミニコミ紙「シティライフ」

の美人記者さん(後ろ姿で残念!)から取材

を受けました。「シティライフ」の次号に写真

付きで掲載される予定です。

この写真は、「ご贔屓さん(*^_^*)」さんからのご提供です。

今日も無事にお開きです。恒例の打上げ

は、いつもの当会の事務局兼楽屋でもあ

吟醸酒蔵みゅ〜じあむです。参加者も

過去最高の大所帯となりました。

 

今日は、以前に当掲示板で盛り上がった

特製たこ焼きを館長に準備していただき、

たこ焼きパーティを楽しみました。

こだわりの食材に、これまたこだわりの

焼き方を館長から伝授され、おいしい

たこ焼きでお酒もついつい進んでしまい

ます。

このテーブルでは、今日、落語で出番が

なかった「たこ焼き奉行」の喜怒家哀楽

さんにお任せ状態です。でも、鉄板の上

は「たこ焼き」というよりも「もんじゃ

焼き」!?

実に楽しいひとときを過ごせました。

 



噺の会じゅげむ定期公演 VOL.105

第16回 高槻市民寄席 

と き  平成14年9月22日 午後2時開演

ところ  JR高槻駅前 高槻市総合市民交流センター 5階視聴覚室

共 催  (財)高槻市文化振興事業団 青少年センター /噺の会 じゅげむ

会場の設営も終え、準備万端。2ヶ月ぶりに高

座に上がる喜怒家哀楽さんが、口慣らしを兼ね

てマイクテストをやってます。

 この日もいつもより早めに開場しました。お客

さんをお迎えする受付担当の仁六家拾八さん

と文々亭小輔さんと洋酒家巧駆さんです。

 

本日のトップバッターは阿遊亭弘遊さん。

演目はネタおろしになる「鉄砲勇助」です。

ウソのオンパレードのようなこの噺、弘遊

さんはマクラからウソ!? ばかり。

テンポのよいネタ運びで、いきなり会場は爆笑

の渦。ウソと知りながらもついつい作り話に引

き込まれてしまいます。

「二間もあるような大きな猪を目よりも高く差し

上げて…」猪退治のくだりです。

二番手は事故で4ヶ月お休みしていて久々の

登場の山椒家小粒さんです。ネタは江戸落語

の「目黒のさんま」。江戸前では、見台・ひざ隠

しは使いませんが、今回は小粒さんがリハビリ

中のため、足元をひざ隠しで文字通り隠させて

いただきました。

江戸落語担当の小粒さん。歯切れのいい江

戸言葉で世間知らずのお殿様を演じます。

退屈しのぎの馬の遠乗りで目黒までやって

きたお殿様。空腹に耐えかね、農家で焼い

ていたさんまを食べたところ、その美味さ

に驚嘆するのですが…

三番手は2ヶ月ぶりの高座になる喜怒家哀楽

さん。演題は「動物園」です。実は今日の

番組は、毎日放送でやってた「素人名人会」

の名人賞受賞者の実力派が3人連続で登場

します。その一人目が哀楽さんです。

 動物園の人気者のトラが死んでしまい、そ

の代わりにアルバイトでトラの皮を来て檻

の中に入ることになった男。実にトラらし

い歩き方を見せる哀楽さんに、会場からも

思わず大拍手がわき起こりました。

 中トリは京都の樂笑会(らくしょうかい)

からゲスト出演していただくことになった

錦松樓(きんしょうろう)さだ吉さんです。

弱冠19才の大学生とのこと。でも、この

方も名人賞受賞の折り紙付きの実力です。

さだ吉さんの今日のネタは、ちょっと変わった

お裁きものの「次の御用日」です。

登場人物も定吉(ちょっとややこしい!)です。

丁稚の定吉は主人の娘さんのお供をします。

住友の浜を通りがかると、天王寺屋藤吉の姿

を見て怖がった娘さんをもっと怖がらせてやろ

うと大きな声で「アーッ!!」

今日もたくさんのお客さんにお越しいただき

会場の視聴覚室は満員となりました。当会場

では過去4番目の85名のお客さんです。

当日のプログラムに好評連載中の潮吹亭くじ

らさんのコラムは、「くじらのひとりごと」

のbR9に収録しています。

 さて、中入り後は当会初お目見えの新メン

バー洋酒家巧駆さん。三人目の名人賞受賞

者です。演題は「阿弥陀池」。マクラでは

仕事柄なのか割とおさえめな感じだったん

ですが、ネタに入るやいきなり落語モード

全開でお客さんを噺に引き込んで行きます。

巧駆さんは、いかにも本格派! といった

語り口調でした。

新聞を読んでいないことで恥をかいた男。

そのうっぷんをはらそうと思って、いさん

で友達のところへやって来たんですが、そ

れが思わぬ展開になってしまいます。

「わしの前に名人賞受賞の実力派が3人も続

けて出られたらかないまへんわ」と舞台のそで

で苦笑いをしながら出番を待つ今日の大トリを

務める仁六家拾八さんです。

お茶子さんのみちのく小雪さんに励まされて

重い足取りで高座に上がります。

ところが、高座に上がるとそれまでの拾八

さんの雰囲気が一変します。待っている間

に思いついたという名人賞受賞トリオをネ

タにしたマクラで会場は大爆笑。その勢い

で今日の演目の「猫の災難」の一席に突入

します。

また、この本題の入り方が絶妙でした。

タダで飲み食いしようとあの手この手を考える

この男。ついつい飲み過ぎてしまい責任を全て

猫にかぶせてしまいます。絶好調の拾八さんで

したが、最後の最後に大波乱が・・・

それは会場にいた人だけの秘密です (^_^;)

打ち上げは、お定まりの当会事務局兼楽屋の

居酒屋 吟醸酒蔵みゅ〜じあむです。今日は

演者がお互いにいいように影響し合い、実に

濃い内容の公演でした。そのせいか、打ち上

げも大変に盛り上がりました。後ろの方には

西武優勝祝賀会の人が紛れ込んでる・・・!?

●次の活動報告へ              ◎過去の活動報告目次へ戻る








inserted by FC2 system